ウォークインクローゼットの中身を思いきって総括整頓してみたら、忘れていた衣装が山盛りでビックリしました

今日は、タンスの中身をコーデ整頓してみました。もう一度何年もタンスの中間なんて整頓してないから、グチャグチャになってたんですよね。着た被服を洗濯して、たたんで、タンスの中に仕舞うか。その時も、タンスの頂点上にポンポン重ねておいていくから、下のユーザーに、どんな被服がしまってあるのか覚えてないんですよね。これは、一度充分コーデ整頓して把握する必要があるなって思って、被服を引っ張り出してみました。そうしたら、頂点下に埋もれていた被服はシワだらけだし…。流行遅れの野暮ったい形だし…。何年も大事にとっておいた自分に、腹立たしさすら感じましたよ。服って、2,3年羽織ることがなかったら、とうに人生きる機会がないと思って、捨てたほうが相応しいって聞いたことがあります。正しく、その通りだと思いました。存在すら忘れてる被服がいっぱいあって、ビックリしました。取り除ける被服を処分したら、タンスの中間があっさりしました。これで、かわいい服を買ってきても、ちゃんとしまうことができます。着なくなったTシャツですが、丸々処分するのはもったいなから、Tシャツヤーンとしてみました。ひも状に長細く下回るんです。これを編んで、コースターにしたりランチョンマットとして遊ぼうと思います。